【トヨタ・ヴォクシー】のモデルチェンジ予想や時期、2019年はあり?

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


2001年の発売以降、根強い人気を誇っているトヨタ・ヴォクシー。

2018年上半期の販売ランキングで6位、ミニバンでは2位に入るなど、躍進しています。

そんなトヨタ・ヴォクシーですが、モデルチェンジの情報があります。

また、モデルチェンジ予想や時期についてもご紹介します。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】のモデルチェンジ情報

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/

ヴォクシーのフルモデルチェンジが最後に行われたのは2014年1月、マイナーチェンジが行われたのが2017年7月です。

それまでのヴォクシーのモデルは

○初代、、、 2001年~2007年

○2代目、、、 2007年~2014年

○3代目、、、 2014年~2018年(現在)

と、7~8年おきにフルモデルチェンジが行われてきました。

となると、次なるモデルチェンジ時期は2019年~2020年頃と推定されます。

フルモデルチェンジに伴いエンジンやボディサイズの変更がされるらしく、先のプリウスに搭載された「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」が採用されるのではないかと推測されます。

では、詳しいモデルチェンジ予想をご紹介します。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】のモデルチェンジ予想

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/

プロローグ:車両づくりの新システム「TNGA」

引用:https://www.toyota.co.jp/jpn/tech/tnga/

トヨタと言えば車種やブランドがたくさんありますが、その裏にはセダン、クーペ、ミニバン、SUV、軽自動車、ハイブリッドの有無、床の高さなど、様々な分類をされた膨大な数のプラットフォームが存在していました。

そこで車の根幹部分を丁寧にこだわって作ったうえでその根幹を共有し、そのうえでそれぞれの車を作り上げるというシステムが「TNGA(Toyota New Grobal Architecture)」で、「基本性能の向上」「グルーピング開発による部品・ユニットの賢い共用化」「仕入れ先と協力して原価低減」「商品力向上」の4つのサイクルで「もっといいクルマづくり」を達成することが目標です。

車の根幹部分はシンプルな形状でありながら軽量・高性能であり、パワートレーンユニットは低い位置への搭載を前提に作られており、飛躍的な運動性能の向上は間違いありません。

完成された根幹の上に「個別車種の魅力向上」としてチーフエンジニアを中心にそれぞれの車をデザインしていきます。

このような設計構想は他社にもあり、マツダの「スカイアクティブ・テクノロジー」はCMでも聞いたことがあるかと思います。

ただ、他企業がプラットフォーム単位で判断しているところを、トヨタはプラットフォームづくりを含めた総合的な判断をしているところに違いがあります。

これまでに「GA-K」「GA-L」「GA-C」「GA-B」「GA-A(DNGA)」という5つのプラットフォームがあり、トヨタのカムリ、プリウス、C-HR、カローラ、レクサスLC、LS、ダイハツ・ミライ―スなどに採用されています。

ヴォクシー変更点その①:エンジン

引用:https://newsroom.toyota.co.jp/jp/powertrain/engine/

TNGAという構想で、トヨタのエンジンにも新たなエンジンが誕生しました。

それが「ダイナミック・フォース・エンジン」です。

このエンジンは熱効率を40%、出力を60kW/L向上させるなど、従来型のエンジンと比較しても優れた性能を保持しています。

最近発売されたカムリに、2.5Lダイナミックフォースエンジンが搭載されていたことから、ヴォクシーへの搭載も十分あり得ます。

ただし、現行ヴォクシーが1.8Lと2.0Lのため、新たに2.0Lのエンジンを制作し、搭載するものと考えられます。

トヨタの発表では、2021年までに9種類・17バリエーションのエンジンを展開する予定です。

これに併せ、トランスミッションは多段化オートマチック、新機構CVTなど、4種類・10バリエーション、ハイブリッドシステムは6種類・10バリエーションを展開する予定です。

ヴォクシー変更点その②:車内の広さ

引用:https://toyota.jp/technology/chassis/lowflatfloor_hybrid/

TNGAにおけるシャーシは、より低床化・フラット化に力を入れています。

たとえば現行モデルのシエンタは、地上から330mmの低床化を実現しており、これは低床化に力を入れている現在のヴォクシーよりも30mm低いことになります。

現在のミニバンサイズで床下が30mmさがれば、それだけ室内の広さは期待できそうです。

ヴォクシー変更点その③:安全装備の充実

引用:https://toyota.jp/voxy/safety/

現行のヴォクシーには「トヨタセーフティセンスC」と呼ばれる安全装備がついています。

ブレーキ制御による衝突回避やハイビームやロービームの自動切り替え、危険と判断した時のブザー警告など、必要最低限の装備がそろったパッケージですが、歩行者に対応していなかったりクルーズコントロールがついていないなど、人気車種にしては不満な安全装備です。

一方、ランドクルーザーZXやC-HRには「トヨタセーフティセンスP」が搭載されていて、これにはレーダークルーズコントロールが搭載されています。

また、これらの機能をパワーアップした新「トヨタセーフティセンス」システムが、2017年11月発売のアルファード・ヴェルファイアに搭載されています。

そして、ライバル車であるセレナやステップワゴンにはこれらの装備やクルーズコントロール、歩行者対策までしっかりした安全装備が施されていることから、次世代ヴォクシーには新型のトヨタセーフティセンスが搭載され、安全装備が充実するものと考えられます。

尚、時期は不明ですが、現行モデルのヴォクシーは次世代トヨタセーフティセンスが搭載される予定なので、ひとまずここは安心です。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】のモデルチェンジ時期

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/

最初にお伝えした通り、ヴォクシーのモデルチェンジはおそらく2020年頃ではないかと推測されます。

ただ、これは早まるのではないか?という考えもあります。

と言うのも、ホンダ陣営のステップワゴン・オデッセイが2019年から2020年の同時期にフルモデルチェンジされる、という情報があるからです。

ヴォクシーとしては売り上げ2位の実力こそあれど、同時期または前時期に発売されて出鼻をくじかれるようなことはしたくないでしょう。

そこで、2020年初頭だと思われていた発売日を前倒ししてできる限りオデッセイやステップワゴンの前に発売開始し、差をつけに行く可能性は十分に考えられます。

ただし、これらの情報はすべて確定事項と言うわけではないので、様子を見ながら正確な情報を入手ッすることが大切です。

【トヨタ・ヴォクシー】モデルチェンジまとめ

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/

ここまでヴォクシーのモデルチェンジ予想についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

次世代のヴォクシーはTNGRの導入によって、より低く、より高性能に、より高燃費になりそうです。

また、新型安全装置の導入によって、さらなる安全な運転が期待できるでしょう。

どうやら次のヴォクシーは、トヨタのミニバン代表として最新装備で武装した、凄いミニバンになりそうですね!

皆さんには、現行モデルで好評だった厳ついフォルムの様に変えてほしくない場所、チープであるという意見の多いインテリアの様に変えてほしい場所、意見はいろいろ思うところあると思います。

そういった皆さんの願いが、新型ヴォクシーに届いていることを願ってやみません。

関連記事

⇒【トヨタ・ヴォクシー】80系の不具合やリコールはどんなものがあるの?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の納期・納車状況は?納車待ちはどれくらい?最新情報を得るには?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の後部座席はフラットになる?荷室容量や車中泊マット等のアイテムについて

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の純正タイヤサイズ、サイズアップ、タイヤ交換ジャッキの情報

⇒【トヨタ・ヴォクシー】のおすすめアクセサリーや電源、ソケットの情報

ヴォクシーを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする