ヴォクシー特別仕様車ZS煌Ⅱを2019年1月に発売。口コミや値引きの情報

下取りに出すなら「一括査定サイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは30万円の下取りが、
買い取り業者では80万円になることも
多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの大切な愛車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

とは言っても車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

2018年度上半期のミニバン売り上げでトヨタのミニバン3兄弟ノア、ヴォクシー、エスクァイアが販売台数NO.1を獲得したのは3台それぞれの魅力が多くの人に受け入れられたからだと思います。

そんな3台に2019年の1月に部分改良が施されました、これによって他社の同クラスに安全装備でも劣らない魅力を手に入れた3台の中でも、人気の高いトヨタ・ヴォクシーの特別仕様車が煌から煌Ⅱへと変更された点は見逃せません!

今回はそんなトヨタ・ヴォクシーZS煌Ⅱ2019年モデルは旧モデルとどこが違うのか? みんなの評価や口コミは? 納車と値引きの現状は?などの気になる点をまとめていきたいとおもいます!

スポンサーリンク

トヨタ・ヴォクシーZS煌Ⅱ2019年モデルと旧モデルとの装備の違いは?

今回の一部改良ではトヨタ・ヴォクシー、ノア、エスクァイア共通の違いとして2つの装備の追加が、トヨタ・ヴォクシーZS煌Ⅱの独自の違いとして外装の小改良が見られます。

まず一つ目の違いはインテリジェントクリアランスソナーです。

こちらの装備は車庫入れの時などに、静止物への接近を感知して音と表示で知らせてくれるクリアランスソナーに加えて、エンジンなどの出力とブレーキを制御して被害の軽減を図ってくれるという機能で、こちらのセンサーはガラスにもしっかりと反応してくれるのでスーパーやビル、コンビニなどの駐車場でもより安心して駐車をすることができるようになります。

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_top_recommend_grade_zs_kirameki2_thumb

2つ目の違いは昼間の歩行者も検知するToyota Safety Senseへの更新です。

これまでの自動ブレーキは対車両のみでしたが今回の改良によって歩行者も対象となりました、他社の同クラスでは対応している車種が多く、見劣りする点でしたが今回の更新によって安全装備の面でも追い付いてきたように思います。

引用:https://toyota.jp/voxy/safety/?padid=ag341_from_voxy_top_safety02

最後に独自の違いとしては、フロントの黒艶塗装範囲が広くなり、より高級感が増したという点と、少し残念な点ではありますが標準色からボルドーマイカメタリックが消えたことによって標準色は2色から1色へ減り、選択できるボディーカラーも5色から4色になった点も意外と大きな違いです。

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_top_recommend_grade_zs_kirameki2_thumb

スポンサーリンク

トヨタ・ヴォクシーZS煌Ⅱ2019年の評価や口コミ情報は

トヨタ・ヴォクシーZS煌Ⅱは人気車種とあって、総合評価は多くの情報サイトで高い得点を獲得しています。

今回はさらに細かく外装、内装、乗り心地、走行性能、運転のしやすさ、環境性能に分けてみていこうと思います。

外装

「カッコいい」「他車種と迷っていたけどエクステリアが決め手になった」という評価が多くみられます、トヨタの3車種の中で比較すると最も他と違うポイントがこのカッコいい見た目でしょう。

また、「カラーバリエーションが少ないし、白系統の色が標準色に設定されていないのが残念」という評価も見られましたが、多くの人は不満には思っていないようです。

「父になっても自分のスタイルを貫きたい。「カッコいい」をあきらめない」というトヨタ・ヴォクシー2019年モデルのホームページで見られる言葉通り、多くのカッコよさを求めるユーザーたちに選ばれています。

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_top_mv_link

内装

こちらは賛否両論のようです。

「アナログメーターなのがいい」「シートアレンジが他車種より優れている」という好意的な意見もあれば、「収納が少ないのが気になる」「インパネ周りのデザインが古っぽい」「プラスチック感が強くて安っぽい」などの評価もありました。

この辺りはライバル車種と比較して古いモデルなだけに仕方のないポイントかもしれません。

また、「足回りが窮屈だった」という評価も見られたので人によってはマイナスポイントとなるかもしれません。

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_top_mv_link

乗り心地

「車内は広くて快適」、「静かでくつろげる」といった評価も見られ、静粛性の高さは多くの人が高く評価しているポイントのようです。

ただし、これについては仕方ないと思いますが「3列目が狭くて乗り心地が悪い」という評価が、そして良くも悪くも足回りのセッティングは硬めのようで「突き上げるような衝撃がある」などの評価も見られました。

走行性能

同クラスでは十分な走行性能を持っているようです。

「走りを求めなければ問題ない」「トルクやパワー不足は感じない」との意見が見られた一方、「坂道や高速での追い抜きで力不足を感じた」「8人乗ると重く感じる」などの評価も見られ、坂道の多い場所に住んでいる方や、大人数での利用が多い方には不満が残るかもしれません。

運転のしやすさ

運転のしやすさに関しては、「視点が高くて視界も広いので運転しやすい」「ハンドルが軽い」などの評価が見られました。

ハンドルの重さについては「軽からの乗り換えで重くならないか不安だったけれど軽くて安心した」という方もいれば、「ハンドルが軽すぎて怖い」という評価も見られたので人によって評価が分かれる点です。

環境性能

環境性能に関しては、ハイブリッドモデルとガソリンエンジンモデルで全く別の評価が見られました。

まず、ガソリンエンジンモデルの燃費は10km/Lほどのようです。

「車重を考えるといいほうだと思う」という評価も、「他社の同クラスと比較すると少し劣るかも」という評価も見らました。

次にハイブリッドモデルの燃費は20km/Lほどのようです。

「ミニバンなのにこんなには知って驚き」や、「以前の車の3倍近く走る」などの高い評価が見られました。

ハイブリッドモデルは50万ほどの価格差がありますが、給油回数なども大きく変わってくるので、長距離の移動が多い方にはよい選択かもしれません。

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_voxy_top_performance_eng_hv01#

スポンサーリンク

トヨタ・ヴォクシーZS煌Ⅱ2019年の納車や値引き状況は

ヴォクシー煌Ⅱ2019年モデルの納車は、2月の契約では1~2ヶ月ほどの納車待ちの状況です。

納車待ちの期間は安定しており、この先数ヶ月は納車待ち1~2ヶ月ほどのみこみのようです。

安定した期間で納車されるというのは乗り換えの際にも安心できますね。

値引き状況については人気グレードということもあり、あまり大きな値引きは期待できないようです。

値引き額は30万円ほどが目安のようですが、サービスやオプションパーツの上乗せ次第ではさらに値引きを引き出すことも可能なようです。

トヨタ・ヴォクシーZS煌Ⅱ2019年のモデルの情報をまとめてみた

引用:https://toyota.jp/service/estimate_simulation/dc/grade?

  • 歩行者にも反応する自動ブレーキと動力とブレーキを制御して衝突被害を軽減してくれるインテリジェントクリアランスソナーでライバル車に劣らない安全性に。
  • フロントの黒艶塗装の範囲が広がりより高級感が増した、ただしボディーカラーはボルドーマイカメタリックがなくなったため選択肢が5色から4色へ。
  • 外装のカッコよさは多くの人が納得な点、ファミリーカーでもカッコよさは諦めない!
  • 内装は広い車内と自由なシートアレンジが高評価、ただし、比較的古いモデルなのでデザインもすこし古めと感じるかも。
  • 運転しやすくて走行性能も十分、ただし、大人数での利用や山道での加速性能は人によっては不安要素か?
  • 燃費で選ぶなら圧倒的にハイブリッドモデルが有利!長距離移動が多いなら効果大。
  • 納車までは1~2ヶ月ほどで安定、人気が高いため値引き額は控えめで値引きは30万前後が目安になりそう。


引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_top_mv_link

以上、トヨタ・ヴォクシー煌Ⅱ2019年モデルについてまとめてきました。

さすがトヨタのミニバンといえる完成度の高さと、ファミリーカーでありながらもカッコいいスタイルをも持ち合わせたトヨタ・ヴォクシーの特別仕様車。

2019年1月の一部改良で他社の同クラスに負けない安全性能を手に入れたことによってより多くのユーザーの選択肢に入ったのではないでしょうか。

父になっても自分のスタイルを貫く。その言葉に負けないカッコいい一台ですね。

関連記事

⇒【トヨタ・ヴォクシー】80系の不具合やリコールはどんなものがあるの?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の納期・納車状況は?納車待ちはどれくらい?最新情報を得るには?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の後部座席はフラットになる?荷室容量や車中泊マット等のアイテムについて

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の純正タイヤサイズ、サイズアップ、タイヤ交換ジャッキの情報

⇒【トヨタ・ヴォクシー】のおすすめアクセサリーや電源、ソケットの情報

トヨタ・ヴォクシーを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「一括査定サイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「一括査定サイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは30万円の下取りが、
買い取り業者では80万円になることも
多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの大切な愛車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

とは言っても車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする