ヴォクシーVSフォレスターを比較してみた!どっちが買いか?

下取りを成功させるコツは一括査定サイトを使うことから始まります!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買い取り業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

トヨタのミドルクラスミニバン人気No.1を誇るヴォクシーとSUBARUのNo.1SUVのフォレスターを徹底比較!

ジャンルは違うものの、どっちが買いか!?価格・大きさ・燃費を比較してみました。

スポンサーリンク

ヴォクシーVSフォレスターの価格を比べてみた

ヴォクシーはトヨタの日本市場の為に作られた国内専用車で、いわゆるMクラスミニバンに属します。


引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

一方、フォレスターはSUBARUのグローバル戦略車で、日本を始め、北米市場で堅調に販売実績を重ねているSUVです。

それぞれグレード体系は様々で、価格帯も純ガソリン車からハイブリッドまでラインナップされています。

グレードはヴォクシーが6グレード(特別仕様車、GR SPORTを除く)、フォレスターは4グレードで構成されており、価格帯は

ヴォクシー:2,509,920円~3,286,440円

フォレスター:2,808,000円~3,099,600円

となっています。

ヴォクシーは価格帯が広いですが、ガソリン車の上級グレード(ZS)が2,762,640円であることと、フォレスターのガソリン車上級グレード(Premium)が3,024,000円であることを鑑みると、装備の違いはあれども、単純な価格はヴォクシーの方が割安であることがわかります。

また、ヴォクシーは2014年デビューから2017年にマイナーチェンジをし、外観にBi-Beam LEDヘッドランプを採用しスタイリッシュに、またスライドドアの閉作動中の予約ロック機能を追加するなどの利便性を高めてきましたが、如何せん設計が古くなってきています。

その分、ディーラーでの値引き交渉が容易になっており、トータル40万円程超えは過言ではありません。

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/?padid=ag341_from_voxy_navi_exterior

一方、フォレスターは2018年6月頃のデビューとなる為、比較的設計も新しく、まだまだ値引きは辛口のようで、20万円いけば良し!というレベルです。

しかしながらフォレスターは、ヴォクシーでグレード別設定となるシートヒータ(しかも後席まで装着!)が全グレードで標準装備であり、更にヴォクシーには設定のない、ステアリングヒーター、電動パーキングブレーキ(AVH)、全車速追従機能付きクルーズコントロール・車線中央維持を始めとしたツーリングアシストまでも全グレードで標準装備となります。

残念ながらヴォクシーには上記装備が無く、マイナーチェンジはしているものの、上記の通り現行型登場が2014年の為、クルーズコントロールは一定速度のみの設定である等、少しばかり装備の古さを感じてしまいます。

そういった点では、単純な価格からは言えないフォレスターのお買い得感があるのでは、と思います。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_1.html

スポンサーリンク

ヴォクシーVSフォレスターの大きさはどう違う?

●外装編

まず初めに、外装の大きさの比較をしてみます。

ヴォクシーには通常グレードとエアログレードの2種類に分類され、通常グレードがいわゆる5ナンバーに属し、エアログレードの全長・全幅が若干大きくなります。

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/v/?padid=ag341_from_voxy_top_grade_v_thumb

一方、フォレスターはX-BREAKグレードで標準装備、及びオプション設定となっているルーフレールを装着することで、全高に差がありますが、排気量を除いても全幅が大きい為、全て3ナンバー設定となっています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/spec/spec.html

<主要外装サイズ比較表>

車種/グレード 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm)
ヴォクシー(通常グレード) 4,695 1,695 1,825
ヴォクシー(エアログレード) 4,710 1,735 1,825
フォレスター 4,625 1,815 1,715

※ヴォクシーの全高はガソリン車2WDの場合。フォレスターの全高はX-BREAKグレードで標準装備、及びオプション設定となっているルーフレール未装着の場合。

それぞれ差はありますが、現代の自走式立体駐車場には入るサイズに収まっていますし、最小回転半径もヴォクシー5.5m/、フォレスター/5.4mでほぼ差が無いと言えるでしょう。

全長の長いヴォクシーか、全幅の長いフォレスターかは一長一短と言えます。

●内装編

次に室内を見ていきます。

上記外装寸法では、全長・全高はヴォクシー、全幅はフォレスターが大きいという結果になりましたが、室内寸法はどうでしょうか。

<主要室内サイズ比較表>

車種 室内長(mm) 室内幅(mm) 室内高(mm)
ヴォクシー 2,930 1,540 1,400
フォレスター 2,110 1,545 1,270

単純に寸法を比較すると、外装と比較しても大小関係は変わりませんが、ここで「外装に対する室内占有率」を見てみます。

外装に対する室内占有率は室内寸法÷外装寸法×100で示し、算出してみました。

車種 室内長占有率(%) 室内幅占有率(%) 室内高占有率(%)
ヴォクシー 62.4 90.8 76.7
フォレスター 45.6 85.1 74.0

※ヴォクシーの外装寸法は通常グレードにて算出、小数点2位以下は切り捨て。

室内長はヴォクシーが3列シート、フォレスターが2列シートの為、単純に比較できませんが、室内幅・室内高の外寸に対する占有率はいずれもヴォクシーのほうが良くなっています。

つまり、ヴォクシーはゆとりあるパッケージを追求した車ということが言えるでしょう。

ヴォクシーの室内は7人乗りでは1列目~3列目へのウォークスルーが可能で、小学高低学年くらいのお子さんでしたら、難なく移動も可能です。

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/?padid=ag341_from_voxy_top_interior_package01_main#

また、もちろんパワースライドドアも装備(助手席側は標準装備、運転席側との両側着用はメーカーオプション)していますので、乗降性はヴォクシーに分があります。

一方、フォレスターはドアに厚みを持たせたパッケージングで、静寂性に寄与しています。

また、フォレスターは5人乗り専用車となってしまいますが、ヴォクシーの場合、普段から3列シートを使用しなく、荷物が多い・・・、という場合ですと、3列シートは跳ね上げ式となってしまう為、どうしても荷室が狭くなってしまうというデメリットがあるのに対し、フォレスターは丸々荷室にできる為、荷室の幅が十分取れますので、大きな荷物が十分過ぎるほど乗せることが可能です。

荷物を載せる機会が多い方は、フォレスターのほうが有利であると考えます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

スポンサーリンク

ヴォクシーVSフォレスターの燃費を比較してみた

両者ともハイブリッドを用意していますが、ヴォクシーはトヨタを代表するTHSⅡといういわゆるシリーズ・パラレル方式を採用します。

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_voxy_perf_eng_hv02

一方、フォレスターはパラレル方式のハイブリッドですので、燃費面ではかなりの差が見られます。

引用:https://chubu-jihan.com/subaru/news_list.php?page=contents&id=320

JC08モードで比較すると、

ヴォクシー:14.8km/l~(ガソリン車)、23.8km/l(ハイブリッド車)
フォレスター:14.6km/l~(ガソリン車)、18.6km/l(ハイブリッド車)

となっており、ヴォクシーのハイブリッドの燃費の良さが伺えます。

しかしながら、ガソリン車で比較すると、搭載エンジンがヴォクシーは2Lに対し、フォレスターは2.5Lという設定となっているにも関わらず、あまり差はありません。

また、フォレスターは4WD設定のみですので、単純な燃費はヴォクシーの方が若干いいものの、機能、性能をトータルで考えるとフォレスターのガソリン車での燃費の良さが伺える結果となっています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/performance.html

ヴォクシーVSフォレスターの比較まとめ

今回はミニバンとSUVという異種観点での比較をしましたが、両者いいところがあります。

生活スタイル、こだわりに沿って車種選びをされてはと思います。

ヴォクシーがお勧めな方

安価に抑えたい、ハイブリッドで燃費の良い車に乗りたい、5ナンバーサイズに抑えたい、多人数乗車をすることがあり、スライドドア車がいい、とお考えの方にお勧めです。

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/?padid=ag341_from_voxy_in_space02

フォレスターがお勧めな方

高級志向のある車に乗りたい、本格派4WDに乗りたい、パワフルな車に乗りたい、多人数乗車より多量の荷物を積む機会が多い、長距離運転で楽にドライブをしたい、とお考えの方にお勧めです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

使い勝手によって一長一短ありますので、使い方に見合った車選びをされてはと思います。

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/voxy/compare/?padid=ag342_from_voxy_compare

関連記事

⇒【トヨタ・ヴォクシー】80系の不具合やリコールはどんなものがあるの?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の納期・納車状況は?納車待ちはどれくらい?最新情報を得るには?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の後部座席はフラットになる?荷室容量や車中泊マット等のアイテムについて

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の純正タイヤサイズ、サイズアップ、タイヤ交換ジャッキの情報

⇒【トヨタ・ヴォクシー】のおすすめアクセサリーや電源、ソケットの情報

トヨタ ヴォクシーが値引き金額から更に50万円安くなる方法

「このヴォクシー、予算オーバーだ・・・」
「値引きで安く買いたい・・・」
「ディーラーを回るのは面倒・・・」
「新車をお得に最安値で手に入れたい・・・」
「ディーラーの売り込みがイヤ・・・」

など、ヴォクシーの購入を検討しているけど
悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また、聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りを成功させるコツは一括査定サイトを使うことから始まります!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買い取り業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする