【トヨタ・ヴォクシー】の燃費・実燃費はどれくらい?ハイブリットは?燃費向上のコツ

下取りに出すなら「一括査定サイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは30万円の下取りが、
買い取り業者では80万円になることも
多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの大切な愛車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

とは言っても車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

2018年上半期の販売台数ランキングで全体第6位、ミニバンでは第2位にランクインしたトヨタ・ヴォクシー。

そんなヴォクシーの燃費・実燃費はどれほどのものなのでしょうか。

燃費向上のコツと合わせて、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】ってどんな車?

トヨタ・ヴォクシー(VOXY)は2001年に発売されたミニバンで、発売以降2回のフルモデルチェンジを行い、現在のヴォクシーは3代目にあたります。

引用:https://www.goo-net.com/car/TOYOTA/VOXY.html

3代目ヴォクシーは「父になっても自分のスタイルを貫きたい」「『カッコいい』を諦めない」というコンセプトのもと、カッコいいお父さんが乗るカッコいいクルマというスタンスでつくられています。

主なライバルは「ニッサン・セレナ」「ホンダ・ステップワゴン」などがあげられますが、先述の上半期の売り上げではセレナに次ぐ第2位と健闘。

ところでトヨタのミニバンと言えば「ノア」も有名ですが、ヴォクシーの方がドレスアップ的要素の強い印象があったり、それぞれ発売元が違ったり(ノアはトヨタカローラ店、ヴォクシーはトヨタネッツ店)と、差別化が図られているそうです。

そんなヴォクシーの、燃費以外の様々なセールスポイントも見てみましょう。

①広々とした車内

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/

車内でも快適に過ごせる広々とした空間に加え、荷物の出し入れや家族の乗り降りがスムーズかつ快適にできるよう、床を低くし、ドアは大きく開くことのできる設計になっています。

②かっこいいフォルム

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/

シャープなフロントマスクをはじめ、7色のボディカラーを用意し、また見る角度によって少しずつ車の色が変化するなど、カッコよさを追求したスタイルが持ち味です。

③豊富な収納スペース

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/comfort/

多くの収納スペースをはじめ、折り畳み式のサイドテーブルや充電用のUSB端子、アクセサリーコンセントを備え、パソコンなどの家電製品を使用できるほか、非常用の電源として車を使用することも可能です。

④実用性のあるコックピット

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/cockpit/

ドアミラーやダッシュボードの形状を工夫して広々としたドライバーの視野を確保することで、車両間隔がつかみやすく、安全な運転が可能です。

⑤高い安全性

引用:https://toyota.jp/voxy/safety/

日本政府が啓発する「セーフティ・サポートカー」として必要な自動ブレーキや前走車の検知センサーといった安全装備を搭載し、ドライバーの安全運転を多面的にサポートします。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】の燃費について

トヨタの公式ホームページによるヴォクシーの燃費は以下の通りです。

グレード 燃費
ガソリン車 14.8~16.0km/L
ハイブリッド車 23.8km/L

また、姉妹車であるノア、ライバルであるステップワゴン・セレナの公式ホームページによる燃費は以下の通りです。

グレード 燃費
ステップワゴン ガソリン車 17.0km/L
ステップワゴン ハイブリッド車 20.0~25.0km/L
セレナ ガソリン車 15.0~17.2km/L
セレナ ハイブリッド車 26.2km/L
ノア ガソリン車 14.8~16.0km/L
ノア ハイブリッド車 23.8km/L

以上から、各メーカー発表のスペックで比較した場合、ガソリン車、ハイブリッド車ともセレナがトップであることがうかがえます。

ヴォクシーはハイブリッドの有無を問わず、燃費では少々分が悪いようですね。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】の実燃費・燃費確認について

いよいよ、ヴォクシーの実燃費を発表したいと思います。

グレード 燃費
ガソリン車 10.0~12.0km/L
HYBRID X/V/ZS 18.0~20.0km/L

メーカー発表の燃費と比較しても大きな違いはありませんでした。

ヴォクシーの優秀さが顕著に表れていますね。

【トヨタ・ヴォクシー】の燃費向上のコツ

せっかく燃費の良いヴォクシーですから、より燃費を向上できるような運転ができたらいいですよね?

そこで、ヴォクシーの燃費を向上させる様々なポイントをご紹介いたします。

①走行モードを選ぼう!

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/performance/

ヴォクシーには、シーンに合わせて選べる3つの走行モードがついています。

①はモーターのみの走行となり、エンジン音が気になる深夜・早朝に静かな走りができるEVドライブモードです。

②はアクセル操作に対する駆動力を緩やかにするほか、冷房・暖房の効き具合を抑えることで燃費のさらなる向上に貢献してくれるエコドライブモードです。

③はエコドライブモードとは逆に、アクセルに対するレスポンスが鋭くなり、坂道やワインディングロードなどでより俊敏な走りが楽しめるパワードライブモードです。

EVモードスイッチやエコモードスイッチをオンにすることで、いつもよりもガソリンの減りを抑え、より燃費が向上する走りができるということですね。

②荷物はなるべく軽くしよう!

重いものを運びながら動いたり止まったりすると、いつもより多くのエネルギーを消費しますよね?

それは車も同じで、車の中の荷物が増えることで、加速時や減速時により多くのエネルギーが必要になり、ガソリンの消費量も結果的には増えてしまいます。

重いものはトランクや車内に乗せないほうが、燃費向上につながるわけですね。

③いきなりアクセルは踏み込まない!

車のアクセルをいきなり踏み込むと、急な加速により大きなエネルギーが必要になり、先ほどと同様、ガソリンの消費量が増えてしまいます。

車のアクセルは常にふんわりとした踏み方を心がけましょう。

また、発進の際はアクセルを踏む前にブレーキを離しますが、ブレーキを離したときにゆっくり車が動き出したこと(クリープ現象)を確認してからアクセルをふむことで、よりふんわりした加速を実践することができます。

④冷房はほどほどに!

車の冷房は「コンプレッサー」と呼ばれる装置で車内の空気を冷却しますが、このコンプレッサーの作動にはガソリンが使われており、冷房の作動により燃費は悪くなってしまいます。

暖房はエンジンの熱を利用しているので燃費への影響はそれほどありません。

特にガソリン車は、車内が暑い時は車の窓を開けて空気の入れ替えを行うといった工夫をしてエアコンの使用を控えることで、さらなる燃費の向上が期待できそうです。

⑤停車時にエンジンを切ろう!

停車時にエンジンをかけた状態をアイドリングと呼び、この状態にある車はいつでも走行できる状態にあります。

当然、このアイドリング中もガソリンは使用されるため、ちょっとした信号以外の踏切や車中泊と言った停車時は車のエンジンを切っておくことをお勧めします。

尚、ヴォクシーのガソリン車にはアイドリングストップ機能(停車時にエンジンを自動で停止してくれる機能)が標準で搭載されていますので、より燃費の良い運転が期待できますね。

⑥燃費の良いルートを選ぼう!

日本でもよくつかわれるルート検索アプリ「NAVITIME」の「自動車ルート検索」機能では、ガソリン節約ルートの検索が可能です。

また、距離を問わず目的地までのルートをあらかじめ知ったうえで運転することは、道に迷ったことによる遠回りを避けることができ、結果として燃費の良い走りになることもあります。

燃費の良いルートを通ったり目的地までの道のりを把握しておくことで、無駄にガソリンを消費しない走りができそうですね。

⑦車のメンテナンスをしよう!

車は機械ですから、長い間乗っていくにつれ、各パーツが劣化したり古くなって動きが悪くなったりして、運転に支障をきたすこともあります。

特にタイヤとエンジンオイルは空気圧不足やオイルの劣化により燃費が悪化することが知られています。

最近では「低燃費タイヤ」なんていう商品も発売されていますよね。

タイヤは空気圧チェックにより常に最適な空気圧を維持することで、燃費の良い走りを持続させることができます。

ガソリンスタンドやカー用品店では無料で空気圧チェック・空気入れができるところもありますので、1か月に1度程度は利用したいところです。

また、エンジンオイルはカー用品店やガソリンスタンドにて販売されていますので、1年に1度は交換を検討してもいいかもしれません。

【トヨタ・ヴォクシー】の燃費まとめ

引用:https://toyota.jp/voxy/

今回はトヨタ・ヴォクシーの燃費や実燃費、また燃費向上のコツについてご紹介させていただきました。

ヴォクシーは「カッコよさ」がコンセプトのミニバンで、他車のライバル社と比較しても引けを取らない燃費性能を持ったミニバンです。

また、燃費以外にも魅力的なウリをたくさん持った良いミニバンであることがわかりましたね。

ヴォクシー購入を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事

⇒【トヨタ・ヴォクシー】80系の不具合やリコールはどんなものがあるの?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の納期・納車状況は?納車待ちはどれくらい?最新情報を得るには?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の後部座席はフラットになる?荷室容量や車中泊マット等のアイテムについて

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の純正タイヤサイズ、サイズアップ、タイヤ交換ジャッキの情報

⇒【トヨタ・ヴォクシー】のおすすめアクセサリーや電源、ソケットの情報

トヨタ・ヴォクシーを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「一括査定サイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「一括査定サイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは30万円の下取りが、
買い取り業者では80万円になることも
多々あるのです。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの大切な愛車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

とは言っても車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする