【ヴォクシー】安全性はどう?運転しにくい、運転しやすい?自動ブレーキの性能は?

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


2001年の発売以降、根強い人気を誇っているトヨタ・ヴォクシー。

2018年上半期の販売ランキングで6位、ミニバンでは2位に入るなど、躍進しています。

そんなトヨタ・ヴォクシーですが、安全性はどのようになっているのでしょうか。

また、自動ブレーキや横滑り防止の性能はどれほどなのでしょうか。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】は運転しやすい?運転しにくい?

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/

安全運転できる車は運転しやすい車!

というわけではありませんが、まずはヴォクシーの運転のしやすさについてご紹介します。

まずヴォクシーはZSグレードを除いてすべて「5ナンバー車」です。

多くのミニバンが5ナンバー車ですから、ミニバンに乗り慣れている人にとってはヴォクシーもおなじように運転ができるはずです。

視界の広さ

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/cockpit/

横にも縦にも広い窓は車の前方だけではなく、左右の視野も広くとれるため、車両間隔がつかみやすいでしょう。

また、インパネの形状が工夫されたことでボンネットフードが見やすくなり、前方の感覚が先代に比べてもつかみやすくなりました。

そして、フロントドアガラスを低くすることで左下・右下の視界を確保し、巻き込みの回避がしやすくなります。

アスフェリカルミラー

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/cockpit/

「アスフェリカルミラー」とは日本語で「非球面ミラー」と呼ばれるもので、通常のドアミラーと比較して車下部の視野を広く持っています。

これにより、駐車枠がより見やすくなったことで、バックでの駐車がよりしやすくなります。

ヴォクシーのようなミニバンはバックが1つの鬼門なので、これはありがたい機能です。

インテリジェントパーキングアシスト

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/operation/

車庫入れ時にバックギアに入れますが、そのときにシステムが駐車枠を自動認識し、OKボタン1つで駐車枠にまっすぐ入るようにステアリング操作をアシストしてくれます。

ドライバーがやるべき仕事は周辺の安全確認とブレーキによる速度調整のみ。

駐車がらくらくできるシステムです。

クルーズコントロール

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/operation/

最近様々な車に搭載され始めたクルーズコントロール、もちろんヴォクシーにも採用されています。

クルーズコントロールは、アクセルペダルを踏み続けなくてもセットした速度を保つ機能で、高速道路などで運転手の負担を軽減する効果があります。

また、速度変化がなくなるため同乗者の快適性の向上にも貢献します。

このほかにもたくさんの運転アシストはありますが、これだけあれば、ヴォクシーは非常に運転しやすい車であることがお分かりいただけると思います。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】の安全性 自動ブレーキについて

政府公認の安全車「サポカー」

引用:https://toyota.jp/voxy/safety/

最近上記のような「サポカー」と呼ばれるマークをよく目にします。

これは「セーフティー・サポートカー」の略称で、その安全性能に対して日本政府が一定の評価を下した、という証明になります。

全部で4つのグレードがあり、下から「サポカー」「サポカーSベーシック」「サポカーSベーシック+」「サポカーSワイド」の区分があります。

「サポカー」に認定されるには、必ず自動ブレーキを搭載している必要があります。

「サポカーS」には自動ブレーキに加え、ペダル踏み間違い時の加速抑制装置のような高齢者向けのサポート機能が搭載されています。

また、自動ブレーキが低速時の対車両用、全速度域での対車両用、全速度域での対歩行者用、いずれに属するかで「ベーシック」「ベーシック+」「ワイド」に分かれます。

あくまで「自動ブレーキ」が中心ですから、グレードが高いから安全性能が高い、というわけではありませんのでご注意ください。

この中でヴォクシーはスタンダードグレードの「サポカー」に位置しているので、当然自動ブレーキを搭載しています。

トヨタ独自の安全装備「Toyota Safety Sense」

引用:https://toyota.jp/voxy/safety/

トヨタ車のサポカーには標準装備で「Toyota Safety Sense(トヨタ・セーフティ・センス)」と呼ばれる安全装備が搭載されています。

これは、レーザーと単眼カメラを利用した検知センサーを中心とする、総合的な安全装備です。

近距離を高精度で検知し昼と夜を問わず使えるレーザーシステムと、遠方の景色を白線から対向車のランプまで認識できる単眼カメラの「2つの目」で、認識能力の高さとシステム作動の信頼性を確保しています。

自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)

引用:https://toyota.jp/voxy/safety/

ヴォクシー前方に取り付けられた単眼カメラとレーザーで前走車との距離を計測し、衝突が予測されたときは警報音とパネルへの表示でドライバーに知らせます。

ドライバーがブレーキを踏めば強力なアシストが作動し、踏めなかった場合は自動でブレーキをかけ、衝突回避もしくは被害軽減をサポートしてくれます。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】の横滑り防止機能とは?

S-VSC

引用:https://toyota.jp/voxy/safety/

「S-VSC(Steering-assisted Vehicle Stability Control)」はヴォクシーの2WD車・4WD車の双方に搭載されている横滑り防止装置の名前で、無理やり訳すなら「ステアリングアシスト型車両安定維持機能」でしょうか。

ステアリングアシスト、とは言っているものの、ステアリング、ブレーキ、駆動力の3つを強調して制御する機能です。

コーナーリング中、もしくは飛び出してきたものをよける際のハンドル操作で、場合によっては車が横滑りを起こしてスピン、もしくはスリップする場合があります。

そういった動きをシステムが予測し、車両の挙動が安定するようにハンドル等をアシストしてくれる機能で、優れた操縦性と走行安定性を実現します。

アクティブトルクコントロール4WD協調制御

引用:https://toyota.jp/voxy/safety/

アクティブトルクコントロール4WD協調制御は、ヴォクシーの4WD車のみに搭載されている機能です。

4WD車は挙動の安定性では2WD車のそれをはるかにしのぎますが、完全というわけではなく、路面状況ではスピンやスリップに陥る可能性はあります。

その際、S-VSCと4WD制御が互いに協調し合いながら車の制御を行うことで、ウェット、ドライといった路面状況を問わずして優れた車両安定性を確保する機能です。

図を見ていただければわかる通り、それぞれの制御機能が独立して働く場合、それぞれが車の挙動が乱れる限界で作動するため、制御できても危なっかしいライン取りになります。

しかし、それぞれの制御機能が強調し合うことで、限界以前の車の挙動まで調整してより理想的なライン取りをアシストしてくれるわけです。

【トヨタ・ヴォクシー】の安全性まとめ

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/

ここまでヴォクシーの安全性について紹介してきましたが、いかがでしたか?

ヴォクシーは広い視野と非球面ミラーをはじめとした運転アシスト機能で、運転のしやすさを実現しています。

また、トヨタ独自の「Toyota Safety Sense」を導入し、衝突回避のための高度な自動ブレーキが搭載されていることがわかりました。

また「S-VSC」という姿勢制御機能を中心に、2WDも4WDも車の横滑りを防止するための機能が充実していましたね。

ただ、これらの技術を過信して運転に手や気を抜いてはいけません。

車というのは、1~2トンの重さをもちながら、街中を40km/h前後の速度で走り回るいわば「凶器」です。

本来安全装備は、そういった自覚を持った方が安全運転をしっかり行ったうえでどうしても避けられそうにない不測の事態に陥ったとき、はじめて力を発揮すべき機能です。

一番良いのはこれらの機能の力を極力使うことなく、自分の力で安全運転に努めることです。

ドライバーの皆さん、どうか安全運転で。

関連記事

⇒【トヨタ・ヴォクシー】80系の不具合やリコールはどんなものがあるの?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の納期・納車状況は?納車待ちはどれくらい?最新情報を得るには?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の後部座席はフラットになる?荷室容量や車中泊マット等のアイテムについて

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の純正タイヤサイズ、サイズアップ、タイヤ交換ジャッキの情報

⇒【トヨタ・ヴォクシー】のおすすめアクセサリーや電源、ソケットの情報

ヴォクシーを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする