【トヨタ・ヴォクシー】のスペックは?乗り心地は改善された?加速性能はどう?

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


2001年の発売以降、根強い人気を誇っているトヨタ・ヴォクシー。

2018年上半期の販売ランキングで6位、ミニバンでは2位に入るなど、躍進しています。

そんなトヨタ・ヴォクシーですが、スペックはどうなっているのでしょうか?

また、乗り心地や加速性能についてもご紹介します。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】のスペックについて

引用:https://toyota.jp/voxy/

まず、ヴォクシーの基本スペックを3つの観点から紹介します。

①ナンバーと乗車人数

ヴォクシーには3ナンバーと5ナンバーがあり、グレードZSが3ナンバー、それ以外のV,Xは5ナンバーとなります。

また、ハイブリッド車は全グレードで7人乗り、ガソリン車には7人乗りと8人乗り、両方の用意があります。

②各寸法

ハイブリッド車 ガソリン車
全長 4,710mm(ZS)/4,695mm
全幅 1,735mm(ZS)/1,695mm
全高 1,825mm
室内長 2,930mm
室内幅 1,540mm
室内高 1,400mm
車両総重量 1,955kg~2,010kg
燃料消費率(燃費) 23.8km/L 16.0km/L

3ナンバーのZSがエアロパーツの影響で若干長くなります。

また、重量はグレードや装備によって変わります。

当然ですが、燃費はハイブリッド車が圧倒していますね。

③駆動方式とエンジンスペック

駆動方式は、ハイブリッド車には2WD(FF…車の前にあるエンジンで前のタイヤを回す)、ガソリン車には2WDと4WDの両方の用意があります。

エンジンですが、ハイブリッド車とガソリン車で異なるので個別に紹介します。

ハイブリッドエンジン 2ZR-FXE(モーター含む)

総排気量 1,797L
エンジン種類 直列4気筒
最高出力<ネット> 73kW(99PS)/5,200rpm
トルク<ネット> 142N・m(14.5kgf・m)/4,000rpm
燃料タンク容量 50L
モーター最高出力 60kW(82PS)
モーター最大トルク 207N・m(21.1kgf・m)

ガソリンエンジン 3ZR-FAE

総排気量 1,986L
エンジン種類 直列4気筒
最高出力<ネット> 112kW(152PS)/6,100rpm
トルク<ネット> 193N・m(19.7kgf・m)/3,800rpm
燃料タンク容量 55L

もっといろいろな情報もあるのですが、専門用語が必要になるのでこの辺で。

ご覧のとおり、ガソリンエンジンの方がパワー・トルクが優位にあります。

ただし、ハイブリッドエンジンは電気モーターの力でパワーを補ったり燃費を向上させることができるので、燃費をよくしたい場合はハイブリッド車、走りを楽しみたい方はガソリン車を検討してみてください。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】の乗り心地はどうなの?

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/

ミニバンとしては平均的なスペックを持ったヴォクシーですが、乗り心地の方はどうでしょうか。

ヴォクシーユーザーの声を聞いてみましょう。

① ステップワゴンとの比較

乗り心地ですが、1列目は両車ともそこまで差は感じず、2列目はVOXYの方が安定していると感じました。サスは良い意味で思ったより硬めな印象ですが、それでもステップより振動はいなしているように感じました。運転席は足下がちょっと窮屈だったかな?ロールの差はここではステップの方が上という評価が多いですが、私の感覚がニブいのかそこまで差を感じることはありませんでした。

引用:価格.com

この方はステップワゴンと比較して、乗り心地について考察しています。

背の高いミニバンは、どうしても縦揺れが気になることがあります。

サスペンションの質である程度はいなせても、上下運動はしてしまうもの。

そこでどれだけ揺れないかがポイントですが、車の後ろほどヴォクシーの方が揺れにくかったようです。

② 前期型の今更レビュー

柔らかく市内や郊外走るには適切な足回りかなと。ミニバン乗るのは子供いる人かと思うので、柔らかすぎると言う方は理解できません。柔らかい味なので、コーナーは減速しないと当たり前に曲がりません。

引用:価格.com

この方は足回りを柔らかいとしていますが、子供を乗せて、あるいは市街地での走行と言う点ではこの柔らかさを評価しています。

サスペンションが柔らかいと衝撃を吸収しやすくなりますが、地面へのツッパリが弱くなるためコーナーでの曲がり具合が悪くなります。

ただし、サスペンションの硬さを本格的に気にするのは走りに重点を置く人なので、この方の言う通り、街乗りや買い物では地面の衝撃は吸収できるだけ吸収してもらった方がよいでしょう。

③ 初ミニバン

運転席、助手席はおおむね良好ですが、
路面の凹凸が激しいところでは左右に揺れます。
カーブ時のロールは、おもったより気になりません。
以前乗っていたコンパクトカーよりマシなくらいです。

引用:価格.com

この方は運転席・助手席の乗り心地を評価する一方で、左右への揺さぶりを指摘しました。

もともとヴォクシーの揺れは賛否両論で、揺れるという人も揺れないという人もいます。

ただレビュアーの比較対象がライバル車であったり先代の愛車であったりまちまちなので、自分の周りと比較して、似たような境遇の方のレビューを参考にした方がよいと思います。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】の加速性能は?

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/eng_hv/

ヴォクシーの加速についても、口コミやレビューから考察してみましょう。

トヨタのハイブリッドはモーターを積極的に活用するから、加速感は滑らかに感じる。ノイズも小さく抑えられ、快適な乗車感覚を味わえる。さらに、先ごろのマイナーチェンジで、前後のウインドウガラスに高剛性接着剤が使われるなど、改良が加えられたこともきいている。

引用:価格.comマガジン

ヴォクシーのエンジンはボディの重さのわりにパワーがそれほどなく、ガソリン車の加速はステップワゴンやセレナに軍配が上がります。

ハイブリッド車になると加速にモーターの力が加わるため、より滑らかな加速を実現するのでしょう。

○エコモードだとトロ臭い加速だが、パワーモードにして踏み込むとガソリン車とは違う滑らかな加速でグイグイ加速していく。

○パワーもエコモードは発進は非力だがスピードに乗れば問題なし。パワーモードは快適。

○下から上までフラットなトルク。アクセルを踏み込んでパワーゾーンの半分以上をキープすれば力強くなかなかの加速をしてくれます。その反面、エコゾーンをキープする踏み込み量では加速は弱いと感じます。

○ハイブリッドで気になるのはここでしょう、ガソリン車から乗り換えなので出だしがやはりもたつきます。踏めばいいのですが折角ハイブリッド買ったのだからと言う気持ちがそうさせません。

○ECOモードでも街中を流れに乗って走るには十分ですが、少し反応が鈍いかも。
ぐっと踏んでPOWERエリアに入れてしまえば、以前の車よりも押し出し感が強くて
良い加速をしてくれます。他のレンジは滑らかそのものです。
POWERモードなら出だしから良い反応を見せてくれますので
高速入口の合流などでは頼りになります。

引用:価格.com

以上はヴォクシーユーザーからの口コミですが、ECOモードでの加速の鈍さを指摘する声が多いですね。

ヴォクシーにはエンジンを停止して走る「EVモード」、燃費重視の走りができる「ECOモード」、パワフル走行ができる「POWERモード」という3つの走行モードがあります。

当然ながらPOWERモードに移行すればアグレッシブな走りができますが、その時の加速については好評のようです。

ECOモードによる加速性能はイマイチ、POWERモードの加速性能はなかなかよいようですね。

【トヨタ・ヴォクシー】スペックまとめ

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/

ここまでヴォクシーのスペックをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ミニバンとしては平均的なスペックを持つヴォクシーですが、乗り心地に関してはサスペンションの柔らかさがよいという人も、悪いという人もいました。

また、ECOモードの加速性能はよくないものの、POWERモードの加速性能は好評でした。

自分がのるマシンですから、どのような性能なのか知っておくことは大切です。

知ることで走りの質が変われば、燃費の向上や安全運転にもつながります。

愛車をしっかり理解して、楽しいカーライフを送ってください!

関連記事

⇒【トヨタ・ヴォクシー】80系の不具合やリコールはどんなものがあるの?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の納期・納車状況は?納車待ちはどれくらい?最新情報を得るには?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の後部座席はフラットになる?荷室容量や車中泊マット等のアイテムについて

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の純正タイヤサイズ、サイズアップ、タイヤ交換ジャッキの情報

⇒【トヨタ・ヴォクシー】のおすすめアクセサリーや電源、ソケットの情報

ヴォクシーを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする