【トヨタ・ヴォクシー】の改造はどうする? カスタムパーツや エアロパーツについて

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


2001年の発売以降、根強い人気を誇っているトヨタ・ヴォクシー。

2018年上半期の販売ランキングで6位、ミニバンでは2位に入るなど、躍進しています。

そんなトヨタ・ヴォクシーですが、様々なカスタムパーツが社内外問わず販売されています。

自分の車をオリジナルに仕立て上げる、男のロマンが詰まってますね。

今回は、そんなカスタムパーツを選りすぐって紹介します。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】の改造パーツ・マフラーの種類

引用:https://toyota.jp/voxy/customize/aggressivestyle/

まずはマフラーのご紹介。

ヴォクシーのマフラーは、ノーマルの状態ではほとんど見えません。

それに「マフラーなんか改造して何の意味があるのか」と思っている方もいると思われます。

マフラーは交換することで、音や排気効率を変えることができます。

また、ドレスアップという観点から見れば、デザイン性の高いマフラーは魅力的です。

このコーナーでは、有名なマフラーメーカーからヴォクシーに合わせたマフラーをご紹介します。

※価格は税込です

日本のマフラーメーカーでは老舗である藤壷技研工業。

カスタムカーの祭典「東京オートサロン」でも常連の有名なマフラーメーカーです。

この「AUTHORIZE R」はサウンドとパフォーマンスに重きを置いたマフラーで、重低音のサウンドは迫力満点です。

また、装着により最高出力が社内比で3馬力アップします。

日本をはじめ、海外でもその名をとどろかすチューニングメーカーであるHKS。

かつてF1のエンジン開発を手掛けたほどの技術者集団です。

この「LEGAMAX Premium」は、適度な心地よい低音を奏でます。

また、近接騒音にも配慮し、車検にも対応した安心マフラーです。

ガナドールのマフラーは何といってもP.B.Sと呼ばれる独自システムを搭載しているのが特徴です。

P.B.Sは燃費改善とパワーアップを両立させるシステムで、加速はスムーズでしかも燃費まで伸びるというマフラーです。

この「PAE-054」もP.B.S搭載で、社内比で燃費を13%改善しつつ、6.6馬力アップを実現しています。

また、ブルーグラデーションのテールが非常におしゃれです。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】のカスタム仕様・カスタム内装

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/

乗るたびに見る内装だからこそ、自分が見て「oh…」となるようなカスタマイズがしたいですよね?

また、友人に「かっこいい!」と言われるようなカスタマイズもあこがれ。

ましてやヴォクシーは最大8人乗りですから、いろんな人に見てもらえるチャンスがあります。

これからご紹介するパーツで、内装を一味変えちゃいましょう。

自動車のドレスアップからアパレルまで、様々な分野で存在感を発揮するDADギャルソン。

その風貌は高級感にあふれ、車内が一瞬でラグジュアリーな空間に生まれ変わります。

そのデザイン性は年齢によって賛否が分かれるものの、マイルドヤンキーをはじめとする若者からの支持は絶大なものです。

このセンターキャビネットは、純正の機能性を活かしつつも更なる機能と装飾を施したキャビネットです。

また、注文を受けてから熟練した家具職人が国内で丁寧に制作するため、その完成度の高さに圧倒されること間違いなしです。

国内外で多くのドレスアップパーツを手掛けるセカンドステージ。

その大半のパーツが「貼るだけでいい」という簡単な取り付けながらも、耐久性に優れ長く楽しむことができる高品質なパーツです。

この「インテリアパネル」は赤木目、青木目、紫木目の3色があり(画像は紫木目)、セカンドステージの内装パネルがフルセットで入っています。

車内がラグジュアリーな空間へと簡単に変貌してしまう、そんな夢のようなことが現実に出来るセットです。

安価ながら高品質なパーツを送り出しているレヴィ―ア。

デザイン性を重視したカスタムパーツから実用性に富んだパーツまで、扱うパーツも対応車種も多岐にわたっています。

この「ステアリング パンチングレザー」は全6色あり(画像は黒木目×ブラックレザー)、手に触れる部分は温かみのあるリアルウッドを採用しています。

パンチングレザーは通気性がよく、またエアバッグやハンドル周りの機能を邪魔することなく、実用性とデザイン性を両立させたカスタムパーツです。

スポンサーリンク

【トヨタ・ヴォクシー】のエアロパーツ・インチアップ・ホイール

引用:http://www.trdparts.jp/voxy/aero2.html

ボディのスタイルを決めるエアロパーツ・ホイールは、ドレスアップの最大のポイントです。

トヨタからは「アグレッシブスタイル」「モデリスタ」「TRD」の3つのエアロが販売されています。

これらのパーツも非常にかっこいいので全部紹介したいのですが、今回は社外のエアロパーツ・ホイールをご紹介します。

admiration(アドミレイション)

引用:http://www.admiration.ne.jp/car_model_comprehensive/D_VOXY_A/D_VOXY_A.html

トヨタ車を中心として、様々な車のエアロパーツ・内装パーツを制作するアドミレイション。

高級感を持たせつつもカッコよさを忘れないパーツは、多くのユーザーから支持を得ています。

アドミレイションブランドの1つ「デポルテ」のエアロパーツです。

存在感と躍動感を高めるフロントスポイラー、誇張し過ぎずボディラインを美しく見せるサイドステップ、一体感のある造形美で上質感を演出するリアハーフスポイラーは、あなたのヴォクシーをより美しく、エネルギッシュに見せてくれるでしょう。

使用ホイールはアドミレイション、、、ではなく、アミスタッドの「ライエン・S05」です。

マシニング技術により立体感と素材感を際立たせ、独創性のあるダブルピアスが高級感と存在感を際立たせる仕上がりとなっています。

また、20インチ・21インチの2サイズがあります。

M’z SPEED(エムズスピード)

引用:https://www.mzspeed.co.jp/products/body-kit/catalog/262

所有することで優越感が持てる、特別な空気を作り出してくれるエアロパーツを送り出すエムズスピード。

所有者が自分の車に誇りが持てる、そんなエアロパーツを日々制作しています。

アドミレイションブランドの1つ「エクスクルーシブ ゼウス」のエアロパーツセットです。

フロントフェイスをシャープにするフロントスポイラー、ボディとのつながりが美しいスポーティなサイドステップ、アグレッシブな見た目とボディ下部のフィンが特徴のリアハーフスポイラーの3点セットです。

使用ホイールはエムズスピードの「ジュノゥ バベル」です。

サイズは19,20,22インチを用意してあります。

力強いV字型のスポークが、足回りの存在感をより引き立たせます。

【トヨタ・ヴォクシー】のカスタムパーツまとめ

引用:https://www.modellista.co.jp/product/voxy/

ここまでヴォクシーのカスタムパーツについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

どのパーツも魅力的で、目移りしてしまいましたね。

こちらの紹介していないパーツにも、魅力的なパーツはたくさんあります。

また、カー用品店や地元のチューニングショップを巡っていて、偶然ピンと来たパーツがあった、なんていう場合も多いです。

車との出会いと同様、パーツとの出会いも一期一会ではないでしょうか。

皆さんが素敵なパーツと出会えることを願っています。

関連記事

⇒【トヨタ・ヴォクシー】80系の不具合やリコールはどんなものがあるの?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の納期・納車状況は?納車待ちはどれくらい?最新情報を得るには?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の後部座席はフラットになる?荷室容量や車中泊マット等のアイテムについて

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の純正タイヤサイズ、サイズアップ、タイヤ交換ジャッキの情報

⇒【トヨタ・ヴォクシー】のおすすめアクセサリーや電源、ソケットの情報

ヴォクシーを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする