【トヨタ・ヴォクシー】のオイル交換時期・オイル量・オイル粘度の情報

下取りを成功させるコツは一括査定サイトを使うことから始まります!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買い取り業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

2001年の発売以降、根強い人気を誇っているトヨタ・ヴォクシー。

2018年上半期の販売ランキングで6位、ミニバンでは2位に入るなど、躍進しています。

そんなトヨタ・ヴォクシーですが、例外なくエンジンオイルは交換する必要があります。

その交換時期や粘度や量、交換費用についてご紹介します。

スポンサードリンク

【トヨタ・ヴォクシー】のエンジン不調・オイル交換は?

車を運転中「前より加速が鈍くなったな」とか「前より燃費落ちたな」など、パワーに関する不調を感じることもあるでしょう。

そんな時に疑っていただきたいのが「エンジンオイルの劣化」です。

オイルがしてくれるお仕事

エンジンオイルは、エンジン内で様々な仕事をしてくれています。

基本はエンジン内部を循環しながら、淡々と仕事を遂行しているだけです。

その仕事をいくつかご紹介しましょう。

①潤滑

エンジンは様々なパーツがお互いに連動して動いてますから、随所で摩擦が生じます。

摩擦が発生すると、摩擦による部品の摩耗が生じます。

エンジンオイルを使うことで摩耗の速度が減少し、エンジンがスムーズに運動します。

②冷却

エンジン内部での摩擦は、同時に高熱を発生させます。

いわゆる「摩擦熱」と呼ばれるエネルギーです。

エンジン内のオイルクーラー(もしくはオイルパン)で冷却されたオイルがエンジン各部を循環し、その過程でエンジン内の熱を奪ってまたオイルクーラー等に戻っていきます。

これにより、エンジンの高熱をある程度抑えることができます。

③気密

エンジン内部のシリンダーとピストンの接触部分は、熱膨張を想定してあらかじめ隙間が設けられています。

その隙間にエンジンオイルが入り込んでシリンダー内部の気密を保持することで、エンジンの正常な燃焼を助けます。

④清浄分散

エンジンは稼働期間が長くなるにつれ、汚れや酸化物が発生します。

これらはエンジン故障・寿命低下を招いたりするので、あまり好ましくありません。

内部に循環しているエンジンオイルは、汚れを取り込んで分散させたり酸化物を中和させる働きがあります。

ガソリンエンジンのオイルが時間とともに黒ずんでいく理由はこのためです。

劣化してゆくエンジンオイル

上記の仕事をメインに果たしながらエンジン内を循環しているオイルですが、酸化したり、エンジン内部での汚れを吸着していくにつれ、少しずつ品質が落ちていきます。

また、車にあまり乗らない場合でもオイルの経年劣化は必然です。

劣化したオイルは粘度が低下して気密の保持ができなくなり、エンジンの不調・場合によっては故障につながります。

すなわち、車に乗っていようが乗っていまいがエンジンオイルは定期的な交換が必要になるわけです。

交換の目安

エンジンオイルの交換時期はカーライフによって多少前後するので一概には言えませんが、おおむね以下の通りです。

<<ガソリン車>>

ターボ車:5,000kmまたは6ヶ月

普通車:15,000kmまたは1年

<<ディーゼル車>>

10,000kmまたは1年

引用:JAF

ですが、悪路での走行が多い、走行距離が普通の人より多い、アップダウンが多い、といった特徴がある方は、これらの半分くらいを目安に交換を考えた方がよいそうです。

スポンサードリンク

【トヨタ・ヴォクシー】のオイル量・オイル粘度について

一口にエンジンオイルといっても、全車共通で同じオイルが使えるわけではなく、入る量や粘度が車や運転によってさまざまに変化します。

なので、自分のクルマに合ったエンジンオイルを選ばなければなりません。

ヴォクシーのオイル量

ヴォクシーのエンジンオイル量は以下の通りです。

○フィルター交換あり:4.2L

○フィルター交換なし:3.9~4.0L

フィルターはエンジンオイルのろ過装置で、こちらにもオイルは一定量入っています。

ヴォクシーのオイル粘度

市販のエンジンオイルには「5W-30」の様に、数字や文字が書かれています。

これはエンジンオイルの特性を表している数値です。

左右それぞれの数字に意味があり、左側は「寒さへの強さ」を表し、数字が小さい程強くなります。

また右側は「暑さへの強さ」を表し、数字が大きい程強くなります。

寒さに強いオイルを使うと、エンジン始動がよくなったり、燃焼効率が向上します。

また、暑さに強いオイルを使うと、耐摩耗性が向上したり、スポーツ走行能力が向上します。

また、オイルには幅も存在し「5W-30」や「10W-40」のように表記されていて、この幅が広い程多くの環境に適したオイルということになります。

寒冷地や燃費を上げたい寒さに強いオイル、車の走行性能を上げたいなら暑さに強いオイル、といったように、自分のカーライフに適したオイルを選びましょう。


引用:http://www.yellowhat.jp/product/engine_oil/mametisiki/

スポンサードリンク

【トヨタ・ヴォクシー】のオイル交換費用はどれくらい?

車のオイル交換ですが、どこかへもっていって交換してもらうにしろ、道具をそろえて自分で交換するにしろ、お金がかかるものです。

それぞれの交換費用を考えてみましょう。

①自分でオイル交換する場合


引用:http://demio-de5.net/oil.html

結論から言うと、自分でやるのが一番安いです。

なんといっても、工賃が無料ですからね。

ただし、初期投資は結構なお金を必要とします。

○エンジンオイル上抜き

オイルチェンジャー:2,000円~7,000円

廃油処理箱:200円~400円

オイルジョッキ:400円~2,000円(容量によって料金差あり)

○エンジンオイル下抜き

ジャッキ:4,000円~16,000円

ジャッキスタンド:2,000円~4,000円

ドレンパッキン:400円~600円

一度道具をそろえてしまえば以降はその道具を繰り返し使うだけなので、新しいオイルやフィルターさえ毎回用意すれば、オイル交換は無料で完了です。

ただし、自分で交換する手間と、誰かにやってもらう代わりの代金を天秤にかける必要はあります。

面倒くさいな、と感じたら、あきらめてお店に持っていきましょう。

②ガソリンスタンドでオイル交換する場合


引用:https://www.noe.jxtg-group.co.jp/consumer/eneos/

有人のガソリンスタンドでオイル交換を勧められたり、オイル交換ののぼりがはためいているのを観た、という人は多いと思います。

その通り、ガソリンスタンドはエンジンオイルの交換をしてくれる場所です。

混んでなければ予約なしで交換してもらえるので、急に交換が必要になっても安心です。

各ガソリンスタンドは経営母体やスタンスが異なるため料金は一概には言えませんが、オイルグレードが1,000円~3,000円、工賃が500円~1000円あたりが一般的です。

例えばヴォクシーのオイルをすべて取り換え、かつ中堅くらいのオイルで工賃が1000円なら

オイル交換料金=2000円×4.2L+1000=9400円

くらいの料金になります。

ひとつ落とし穴があって、ガソリンスタンドでのオイル交換は「軽整備」という扱いですが、この「軽整備」であれば有資格者でなくても交換可能です。

なので「ガソリンスタンドの整備士さんだと思ったらバイト君が交換してました」なんていうこともあります。

優秀な整備士さんをご所望の場合は避けた方がいいかもしれません。

③カー用品店でオイル交換する場合


引用:http://autobacs.blue-oc.com/

オートバックスやイエローハットなど、カー用品店はオイル交換をしてくれます。

有資格の整備士さんも常駐しているので、技術面での心配はまずしなくてよいでしょう。

また、豊富なオイルから店内で選んで交換してもらえるという利点もあります。

○オートバックス※オイル代除く

オイル交換:540円~(オイル会員は無料)

オイルフィルター交換:540円~(オイル会員は無料)

○イエローハット※オイル代除く

オイル交換:540円~(会員無料)

オイルフィルター交換:756円~(会員無料)

ヴォクシーの場合、4L缶だと少し足りないかもしれませんが、オイルフィルターの交換をしないのであれば十分ですね。

④トヨタディーラーでオイル交換する場合


引用:https://autoc-one.jp/dealer/detail/4407/

ヴォクシーを購入したトヨタの販売店では当然車のメンテナンスも行っており、オイル交換もしてもらえます。

プロの整備士がその場で交換してくれるので、店内でカタログや雑誌を読みながら待つこともできます。

ドリンクなどのサービスが手厚いことが多いので、女性でもくつろぎながら待てます。

お店ごとに料金やサービスが違うので、最寄りのトヨタディーラーに確認しましょう。

ただし、お店によっては事前予約が必要になるところもあるので注意です。

そして、法定点検以外の点検をやたら勧めてくるお店もあるので注意です。

参考程度に、各トヨタディーラーのオイルサービスを以下にご紹介します。

○トヨタ東京

純正オイル:8,532円

モービルオイル Super2000:10,476円

カストロールオイル T-Line Eco:11,448円

モービルオイル モービル1:13,932円

エンジンオイルフィルター交換:+2,592円

○ネッツトヨタ東京

オイル交換のみ:5,508円~

オイルフィルター交換を含む場合:8,742円~

○東京トヨペット

エンジンオイルボトルキープ会員は20Lボトル(約2~3回交換分)が割引価格で購入可能。

さらに、エンジンオイル交換の工賃が無料、オイルフィルター交換は1,620円。

以上3年間有効

○トヨタ東京カローラ

エンジンオイルボトルキープ会員は20Lボトル(約2~3回交換分)が割引価格で購入可能。

さらに、エンジンオイル交換の工賃が無料、オイルフィルター交換は1,080円。

また、エンジン添加剤20%オフ。

ディーラーならではの「ボトルキープサービス」を使うとどのディーラーも安くなります。

【トヨタ・ヴォクシー】のオイルまとめ

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/

ここまでヴォクシーのエンジンオイルに関する情報をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

オイル交換は半年、もしくは1年程度で交換が必要になります。

また、オイルには粘度や環境に応じて多数種類があり、交換する場所によってかかるお金もだいぶ違いました。

ヴォクシーにかかわらず、エンジンオイルの交換は日々のタイヤチェックと同様、大切な車を守るためには必要なことです。

とりわけ愛車の心臓部を保護する目的を持ったものですから、逐一点検していつでも交換できる用意をしておきましょう。

関連記事

⇒【トヨタ・ヴォクシー】80系の不具合やリコールはどんなものがあるの?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の納期・納車状況は?納車待ちはどれくらい?最新情報を得るには?

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の後部座席はフラットになる?荷室容量や車中泊マット等のアイテムについて

⇒【トヨタ・ヴォクシー】の純正タイヤサイズ、サイズアップ、タイヤ交換ジャッキの情報

⇒【トヨタ・ヴォクシー】のおすすめアクセサリーや電源、ソケットの情報

トヨタ ヴォクシーが値引き金額から更に50万円安くなる方法

「このヴォクシー、予算オーバーだ・・・」
「値引きで安く買いたい・・・」
「ディーラーを回るのは面倒・・・」
「新車をお得に最安値で手に入れたい・・・」
「ディーラーの売り込みがイヤ・・・」

など、ヴォクシーの購入を検討しているけど
悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また、聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りを成功させるコツは一括査定サイトを使うことから始まります!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買い取り業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする